Monthly Archives: 8月 2015

医薬品の購入方法といえば、病院やクリニックで処方してもらう、薬局、ドラッグストアで購入することが一般的です。

そして最近特に注目が高まっている医薬品の購入方法に個人輸入があります。個人輸入を利用するメリットとしては医療機関に通わずとも薬を入手できる、薬をより安く購入できる、さらに日本ではまだ販売されていない薬を購入できることなどがあげられます。

代行業者を利用すれば、特に難しい手続きも必要なく、日本の通販サイトと同じ感覚で注文することもできます。

そして、気をつけたいのは、個人輸入で購入した医薬品で健康被害が出てしまうことがあげられます。
正規品を購入して、正しい使い方をすれば健康被害のリスクはかなり防ぐことができますが、個人輸入で購入した場合はやはり自己責任となりますので、使用は慎重に行うことが大切です。

健康被害が起きてしまう原因としては、購入した薬が、正規品ではなかったということがあげられます。
ネット上には偽薬も出回っており、それを見抜くことは簡単なことではありません。
購入する場合も、業者の信頼性はよく確認し、正規品を販売する輸入で豊富な実績を持っている業者を選びましょう。

そして正規品であっても、間違った使い方をすることは健康被害のリスクを高めてしまいます。
早く効果を出そうと、多くの量を飲んでしまったり、決められた回数より多く飲むことも避けましょう。
お酒と一緒に飲んでしまうなども副作用のリスクを高めるのでこちらも避ける必要があります。
そして薬の成分によっては体質に合わないものもありますので、アレルギーがある人は特に注意が必要です。

個人輸入で購入した薬で体調に変化があった場合は一旦使用をやめ、早めに医師に相談することも大切です。